Splendor in the Glass Val De Combres 2017

f:id:akirais:20190427125623j:plain:h320
セパージュ:カリニャン70%(樹齢41年、61年)、グルナッシュ(樹齢20年~30年)、ミュスカ
MARUYAMAYAより抱合せにて購入。3,400円(税抜)


抜栓日:2019年11月12日
栓:天然コルク
液漏れ:なし
グラス:シェフ&ソムリエのユニバーサルテイスティングを使用しました

色:比較的薄めのパープルルビー。輝きあり。さほど濁りなし
エッジ:均一な色合い
脚:中程度の粘性
アルコール度数:13%

香り:抜栓直後は、ややブレッド的な、還元臭的なニュアンス。少しすると抜けていきますが、いわゆるナチュールの範疇に入る香り。ママちゃんはそこまで臭くないと言っていました。紫果実の香り、プラム、獣臭、いわゆるカブトムシ香(笑)。そこまで香りは強くありません。

タンニン:さほどタンニンは強くないですが、しっかりとしたタンニンです

味わい:酸は比較的柔らかい。紫果実の味わい、ブルーベリーやブラックベリーっぽいニュアンス。優しい液質で、アフタにタンニンからくると思われる苦味があります。ミネラリーなニュアンスが中盤から後半にかけて広がります。ただ、中間層の味わいが若干薄いように思いました。余韻は中程度からやや長め。飲みやすさはヴァル・デ・コンブレスのワインだな、という感じです。