Brahms Chenin Blanc Unwooded 2016

f:id:akirais:20190213231259j:plain:h320
セパージュ:シュナン・ブラン
北摂ワインズにて購入。1,836円。

抜栓日:2019年4月20日
インポーター:株式会社マスダ
栓:スクリューキャップ
液漏れ:なし
グラス:リーデルのオーバチュアを使用しました

色:やや色づいたイエロー。若干グリーンぽさがあります。濁りなし。
ディスク:やや厚め
脚:そこそこ粘性を感じます
アルコール度数:14%

香り:抜栓直後はやや還元で、ペトロールにも似たニュアンスさえ感じましたが、程なく消えました。柑橘系、特にレモンやライムの香り。その奥の方に蜜のニュアンス。それらが相まって、結構厚みのある香りになっています。爽やかさも充分に感じられます。

味わい:酸は比較的柔らかく、一口目からネットリ感のある厚み豊かなボディ。アルコールから来るのか甘味のようなニュアンスが感じられます。余韻が結構長めです。そしてアフタに若干の苦味のような、ライムの皮の部分に感じられるような渋味があります。あまり冷やさずに飲んだので、厚みや甘みが強めに感じられたかもしれません。横への広がりを感じるワイン。重厚さがとても楽しいです。

f:id:akirais:20190213231307j:plain:h320



APPEARANCE
 Clarity clear
 Intensity medium
 Colour lemon, lemon-green
 Other observation legs/tears: moderate strong

NOSE
 Condition clean
 Intensity medium(+) to medium
 Aroma characteristics
  primary lemon, lime, honey
  secondary 
  tertiary 
 Development youthful

PALATE
 Sweetness medium-dry
 Acidity medium(-) to medium
 Tannin 
 Alcohol high
 Body medium(+)
 Mousse 
 Flavour intensity medium to medium(+)
 Flavour characteristics 
  primary lemon, lime, honey
  secondary 
  tertiary 
 Finish medium(+)

CONCLUTIONS
 Quality level good to very good
 Level of readiness for drinking/potential for ageing can drink now, but has ptential for ageing

Yamazaki Winary Chardonnay Private Reserve 2013

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-1466.html

セパージュ:シャルドネ100%
ワイナリーにて直接購入。4,320円

抜栓日:2019年4月18日
栓:天然コルク
液漏れ:なし
グラス:リーデルブルゴーニュタイプを使用しました

色:黄金色。濁りなし、輝きあり
ディスク:中程度~やや厚め
脚:中程度の粘性
アルコール度数:12%

香り:温度はさほど低くなかったですが、やや弱めの香り。上品な樽香とともにアカシアの花、パイナップルの缶詰の汁の香り。ほんのりとした蜂蜜香を感じます。パン生地のようなニュアンスは熟成から来ているのでしょうか? 全体的におとなしい印象。香りの閉じ気に入ったのか、ここまでのものなのか、なかなか判断が難しい。

味わい:酸が比較的シャープで、北の産地を連想させます。最初は、ややちぐはぐしているように感じられましたが、1時間ほどすると、だんだんバランスが良くなってきて、厚みのある味わい、ややねっとりとした液質、アカシアの蜂蜜を思わせるような甘さ、予想外の余韻の長さを感じます。カラメルっぽい熟成感があります。ブラインドで飲んだら、フランスのシャルドネっていうかな? ワイン単独で充分味わえるワイン。最初はどうなることかと思いましたが、ポテンシャルのなせる技なのか、いい方に変化していきました。さらなる熟成を期待できるか?


過去のコメントはこちら
https://akirais.hatenablog.com/entry/20150308/1425950243
https://akirais.hatenablog.com/entry/20150409/1428633763



APPEARANCE
 Clarity clear
 Intensity medium to deep
 Colour gold
 Other observation moderate legs/tears

NOSE
 Condition clean
 Intensity medium
 Aroma characteristics
  primary acacia, pinapple, baked fruits
  secondary bread dough
  tertiary caramel
 Development developing or fully developed

PALATE
 Sweetness off-dry
 Acidity medium(+)
 Tannin (-)
 Alcohol medium
 Body medium(+)
 Mousse 
 Flavour intensity medium(-) to medium
 Flavour characteristics 
  primary acacia
  secondary bread dough
  tertiary caramel, honey
 Finish medium(+)

CONCLUTIONS
 Quality level good
 Level of readiness for drinking/potential for ageing drink now; not suitable for further ageing

20190416 月イチのカウンター会 @ ブレリアス

昨日は、ほぼ月イチのカウンター会でした。参加者は5名。新しく参加された方もいて、実に楽しい会でした。

f:id:akirais:20190416210611j:plain
程よくグラスも並びました。

ワインもアメリカ、日本、イタリア、フランスと多岐にわたり、どのワインも甲乙つけがたい旨さです。
実に勉強になりました。

またよろしくお願いします。

f:id:akirais:20190416213552j:plain
飲んだワインはこちら。
左から
Dela Fresca Frizzante Graperepublic 2018
Ballard Canyon Dobmeyer Vineyard Sauvignon Blanc Piedrasassi 2014
Tokyo Special Tokyo Winery 2018
Chateau Berliere Montagne Saint Emilion 2005
Grosjean Vallee dAoste Fumin Vigne Rovettaz 2015

Dela Fresca Frizzante Graperepublic 2018

f:id:akirais:20190416193722j:plain:h320
セパージュ:デラウェア
ワイン会にて

淡いイエロー。澱が一杯で徐々に濁っていきます。圧は結構弱め。冷えた状態では、梨のような香りで、和を感じさせるニュアンス。揮発酸あり。弱めの泡と、揮発酸っぽいニュアンスでさっぱりと飲めます。時間が経ってくると、フォクシーフレーバーっぽいニュアンスがでてきます。食事と合わせるには、けっこういろんな食材と合うと思います。

f:id:akirais:20190416193733j:plain:h320

Ballard Canyon Dobmeyer Vineyard Sauvignon Blanc Piedrasassi 2014

f:id:akirais:20190416193153j:plain:h320
セパージュ:ソーヴィニョン・ブラン

抜栓日:2019年4月16日
アンバー。まさにオレンジワイン。厚みのある香り。梨、蜂蜜、紅茶といった香り。時間経過で揮発酸メインとか、いろいろとニュアンスの変わる香り。味わいも厚みを感じて、ナチュール好きにはたまらない感じです。ニュアンスがイタリアのリッポラジャラとかそういったワインを連想しました。ソーヴィニヨン・ブランとか全然わかりません。旨いです。

f:id:akirais:20190416193203j:plain:h320

Tokyo Special Tokyo Winery 2018

f:id:akirais:20190416193352j:plain:h320
セパージュ:高尾、ヤマブドウ
ワイン会にて

抜栓日:2019年4月16日
薄いルビーパープル。香りは和の甘さを感じるグレープ香。メンバーさんのなかに「巨峰のワインのようだ」と言った人がいて一同驚愕。使われているブドウ「高尾」は巨峰のクローン選抜のようです。結構酸がしっかりとしていて、おもったほどベタッとした感じがないので飲みやすいです。次第に、キャンディーっぽいニュアンスが出てきて、ガメイと言われてもなるほど、という感じでした。

f:id:akirais:20190416193409j:plain:h320

Chateau Berliere Montagne Saint Emilion 2005

f:id:akirais:20190416205732j:plain:h320
セパージュ:メルロー 60%、カベルネ・ソーヴィニヨン 30%、カベルネ・フラン 10%
ワイン会にて

抜栓日:2019年4月16日
薄いルビーパープル。香りは和の甘さを感じるグレープ香。メンバーさんのなかに「巨峰のワインのようだ」と言った人がいて一同驚愕。使われているブドウ「高尾」は巨峰のクローン選抜のようです。結構酸がしっかりとしていて、おもったほどベタッとした感じがないので飲みやすいです。次第に、キャンディーっぽいニュアンスが出てきて、ガメイと言われてもなるほど、という感じでした。

Grosjean Vallee dAoste Fumin Vigne Rovettaz 2015

f:id:akirais:20190417112516j:plain:h320
セパージュ:フミン
ワイン会にて

抜栓日:2019年4月16日
自分が持ち込んだワインです。けっこうピュアな赤系の香りが感じられます。スパイス感も若干感じられます。レッドカラント、ラズベリーの香り。酸はエレガントで、タンニンはマイルド。とても飲みやすいワインです。よく土着品種で、ヤマブドウ的な癖があるものもありますが、このワインはとてもエレガントで美味しいです。

Marselan Domaine Villepeyroux Forest 2016

f:id:akirais:20190213231155j:plain:h320
セパージュ:マルセラン100%
北摂ワインズより購入。1,800円

抜栓日:2019年4月14日
インポーター:
栓:天然コルク
液漏れ:なし
グラス:リーデルのオーバチュアを使用しました

色:パープル。結構濃い色合い。輝きあり
エッジ:均一な色合い
脚:比較的高めの粘性です

香り:最初、けっこう素朴な香り。黒紫の果実香。アケビとか、ヤマブドウの砂糖漬けの香り。スワリングすると、ややビオ香が出てきます。土っぽいニュアンスもあります。その奥に、赤い果実系、レッドカラントとか、ちょっと酸っぱ目の木の実、感覚的にはナナカマドの実とか、そんな感じの野性的なニュアンス。木の実の感じもあって、セイベルとかツヴァイとか言ってしまうかもしれません。スパイス的な要素も感じられます。

タンニン:しっかりしたタンニンで、口の中で泳がせると、歯茎に収斂性を感じます。

味わい:紫系の果実味、やっぱりヤマブドウの砂糖漬けのニュアンス。酸がけっこうしっかりしていて、土着品種によく感じられる木の実とかのワイルドさがあります。また果実甘味があり、よくいう甘酸っぱい系の味わい。余韻は中程度。でもしっかりとした酸のおかげで、飲み飽きせずにグビグビと飲めてしまう、ちょっと危険なワイン。香りに感じられる土っぽさが味わいにはなく、チャーミングさがより目立つ感じです。ところが、時間が経ってくると、全体的に調和してきます。思った以上に美味しいワイン。


APPEARANCE
 Clarity clear
 Intensity deep
 Colour purple
 Other observation long legs/tears

NOSE
 Condition clean
 Intensity medium to medium(+)
 Aroma characteristics
  primary redcurrant,
  secondary 
  tertiary cooked red plum
 Development developing

PALATE
 Sweetness medium-dry
 Acidity medium to medium(+)
 Tannin medium(+) to medium
 Alcohol high
 Body medium(+)
 Mousse 
 Flavour intensity medium(+)
 Flavour characteristics 
  primary red currand,
  secondary 
  tertiary 
 Finish medium

CONCLUTIONS
 Quality level good
 Level of readiness for drinking/potential for ageing can drink now, but has potential for ageing

Tempore Terrae SO2 Free Garnacha 2016

f:id:akirais:20190213231211j:plain:h320
セパージュ:ガルナッチャ100%
北摂ワインズより購入。2,250円。

抜栓日:2019年4月12日
インポーター:岸本
栓:天然コルク
液漏れ:なし
グラス:シェフ&ソムリエのユニバーサルテイスティングを使用しました。

色:比較的濃い目のパープルルビー。ややにごりあるかな。輝きあり。
エッジ:均一な色あい
脚:そこそこ粘性を感じます。
アルコール度数:14.5%

香り:抜栓直後より紫色の果実の香り。果実香が結構あります。ドライ・プラムのニュアンスそのもの。完熟~過熟のニュアンスを感じます。スワリングで透明感のあるニュアンスがでてきます。これは、抜栓直後の香りにもあります。なんて表現したらいいかわかりませんが、SO2 freeのワインの香りのニュアンスがあります。フレッシュ感が半端なく香りに出ています。

タンニン:収斂性はなく、フレッシュで上質なタンニンが口の中に広がります。

味わい:紫果実の果実味が半端なく口の中を駆け巡ります。すいすいと飲めてしまう、いわゆるナチュールのワイン。でも飲んだあとにも、いわゆる欠陥臭は見当たらず、とても美味しくいただけます。1.5時間ほど立つと、ほんの少しの豆感が出てきているような感じがしますが、あまり気になりません。とてもピュアなワイン。旨いです。


APPEARANCE
 Clarity slight hazy
 Intensity moderate deep
 Colour purple ruby
 Other observation moderate long legs/tears

NOSE
 Condition clean
 Intensity medium(+)
 Aroma characteristics
  primary geranium, blueberry, prune, sultana
  secondary 
  tertiary 
 Development youthful to developing youthful

PALATE
 Sweetness dry
 Acidity medium to medium(+)
 Tannin medium
 Alcohol high
 Body medium(+) to full
 Mousse 
 Flavour intensity medium
 Flavour characteristics 
  primary same as Nose(Aroma)
  secondary 
  tertiary 
 Finish medium

CONCLUTIONS
 Quality level good to very good
 Level of readiness for drinking/potential for ageing can drink now, but has potential for ageing