Ruche Di Castagnole Monferrato Crivelli 2017

f:id:akirais:20190425230703j:plain:h320
セパージュ:ルケ
Vino Hayashiのイタリア土着品種研究会の教材。5,000円

抜栓日:2019年12月7日
インポーター:Vino Hayashi
栓:天然コルク。やや短め
液漏れ:なし
グラス:シェフ&ソムリエのユニバーサルテイスティングを使用しました

色:色調はちょっと薄めのルビーパープル。新し目の色合い。濁りなし、輝きあり
エッジ:均一な色合い
脚:高めの粘性
アルコール度数:14.5%

香り:最初はやや埃っぽいニュアンスがありましたが、徐々に薄れてきて、黒果実系の香り、ブラックカラント、ブラックベリー。ちょっと鉄っぽいニュアンスも感じます。すこしだけ青さを連想させるニュアンスもありますが、ミネラリーな要素もあって、けっこう縦方向に伸びる感じの香りです。スミレといわれれば、あ~きっとそうなんだな(自分、スミレをうまく認識できないので、テキストとかにスミレと書いてあるとあ~と連想します)という感じ。あと、ペッパーのニュアンスが後半になって現れてきました。

タンニン:しっかりしたタンニンで、比較的収斂性は高め。これがこなれると良い熟成をしそうなタンニン。まだまだフレッシュです

味わい:酸はしっかりとしていて、黒果実系の味わいが口の中に広がります。タンニンと相まって、かなりしっかりとした味わい。フレッシュ感満載で、もう少し熟成してくるとどんな変化をしてくるのか楽しみなワインです。余韻は中程度~長めで、しっかりとしたタンニンのため後口に苦味が残るのが特徴的だと思います。時間経過とともに、ちょっと赤果実のニュアンスも見え隠れ。これ、ブラインドで飲んだらマルベックって言っちゃうかもしれません。


f:id:akirais:20190425230711j:plain:h320

20191206 ブンカフェで今年初の忘年会 からの ブレリアス

昨日は、旭川文化会館から5条買物公園にあるフードコートに移転したブンカフェさんに初訪問です。
昔の職場の仲間と今年の初忘年会でした。
5人で、飲み放題付きのコースでお願いしました。

お店は想像よりも広く、とてもおしゃれで綺麗です。中の写真撮るの忘れました。

f:id:akirais:20191206182034j:plain
テーブルセッティング
お皿にコメントがありました。

f:id:akirais:20191206183639j:plain
前菜 カルパッチョ

f:id:akirais:20191206183643j:plain
キノコとアサリのクリームパスタ

f:id:akirais:20191206185106j:plain
牡蠣のグラタン

f:id:akirais:20191206191928j:plain
牛肉のグリル

f:id:akirais:20191206193824j:plain
オムカレー

f:id:akirais:20191206200848j:plain
デザートのプリン
これ、つぶつぶが残る感じのブリュレで、うまかったっす

f:id:akirais:20191206203949j:plain
お店のエンブレム

結構週末は団体さんの予約で貸し切りが多いそうなので、問い合わせが必要かと思います

ブンカフェさんのOffical siteはこちら

その後は、二次会でいつものブレリアスに
f:id:akirais:20191206205425j:plain
楽しい夜は更けていきました。

Dehesa La Granja Alejandro Fernandez 2013

f:id:akirais:20191206205225j:plain:h320
セパージュ:テンプラリーニョ
ブレリアスにて

抜栓日:2019年12月6日
濃いめのガーネットルビー。杉っぽい樽香、黒果実の香り。2013ですが、まだまだフレッシュ。
すこしギスギスした感じは否めないものの、果実味が豊かで暑い気分になるワイン。

Pommard 1er Cru Clos Blanc Machard de Gramont 2007

f:id:akirais:20191206212916j:plain:h320
セパージュ:ピノ・ノワール
ブレリアスにて

抜栓日:2019年12月6日
先輩からグラスでおごっていただきました。
やや薄めの07っぽいルージュ。まだガーネットはさほど感じませんでした。
程よく熟成したニュアンス、ベリー系の香り。マッシュルーム感と土っぽさ
ボーヌらしさの出たさすが1級のピノ・ノワール

La Tempete Eparpillee Val de Combres 2018

f:id:akirais:20191112200852j:plain:h320
セパージュ:グルナッシュ・ノワール100%
maruyamayaより抱合せで購入。4,290円(税込)

抜栓日:2019年12月2日
インポーター:円山屋今村昇平商店
栓:天然コルク
液漏れ:なし
グラス:シェフ&ソムリエのユニバーサルテイスティングを使用しました

色:濁りのある、オレンジ系の色合い。ほんの少し気泡がグラスに。サーモンピンクでもいいかな?色的にはオレンジワインの範疇
ディスク:中程度の厚み
脚:さほど粘性を感じない~中程度の粘性
アルコール度数:13%

香り:最初は、還元なのか、沢庵臭のような感じに感じました。徐々に薄れてくると、杏や金柑のようなニュアンス。いわゆるナチュール香というかビオ香というか、そんなニュアンスがあります。あまり不快な感じはありませんでした。香り自体、さほど強くはありません。うっすらとしたニュアンスで、その中に柔らかさを感じます。

味わい:酸は乳酸系で穏やか。黄桃のジュースとか、金柑のコンポートの砂糖を抜いた感じ、果実味というか、よく言うとフルーティーな味わいがすっと染みてきます。アフタに中程度の苦味を感じます。液質がとても柔らかい。ついついコクコクと飲んでしまう感じのワイン。ママちゃんは「香りはん?って感じだけど、飲んでみるとあんずジュースのような感じで、香りからは想像できない味わいだわ」と、よくもま~的確な表現ができるもんです(笑)。まさにそういうワイン。値段を考えるとコスパ悪し。
ナチュール好きには結構いいワインじゃないかと思います。

f:id:akirais:20191112200902j:plain:h320

20191129 スペラーレ初訪問

昨日は、以前竹八にいた渡辺シェフが開業した、4条14丁目にあるスペラーレというお店に初訪問でした。
Webサイトはこちらです

お店の外観の写真を撮るの忘れましたが、夫婦ふたりでやっている、内装もお二人のセンスが光る素敵なお店でした。
基本的にアラカルトのお料理がメインで、メニューをみると竹八時代の懐かしい料理が沢山ありましたが、今回はお料理はコースでお願いしました。
ワインは持ち込ませていただきました。

f:id:akirais:20191129183941j:plain
アミューズ
白レバーとフォアグラのパテ
鯵のスモークが入った帆立のテリーヌ

竹八で定番だったパテ、なつかしかったです。

f:id:akirais:20191129185635j:plain
前菜
根室産 真タチのソテー サフラン風味の焼きリゾット添え 
~クリュスタッセソースで~

クリュスタッセソースとは、甲殻類と野菜を炒めて、魚の出汁で煮込み、生クリームを加えたものです。この時期のたちは、やっぱりうまいですね

f:id:akirais:20191129190918j:plain
スープ
旭川産「シルクスイート」さつま芋のほっこりポタージュ

シルクスイート旭川産というのが粋です。ほんとうにほっこりする、寒い時期に体を温めてくれるポタージュ。美味しい。

f:id:akirais:20191129192402j:plain
パスタ
道産牛挽肉ときのこのラグーパス

きのこたっぷりのパスタ。ラグーソースは牛肉の旨味が凝縮されています

f:id:akirais:20191129194046j:plain
プチサラダ
ビネグレットドレッシング

f:id:akirais:20191129195428j:plain
魚料理
愛媛産 真鯛ポワレ
~白カブのコンソメ煮のピュレとちぢみホウレン草のソースで~

真鯛は、皮パリパリで、カブのコンソメ煮や、ホウレン草のソースと鯛の旨味がばっちりとあっています。これ、菊鹿のシャルドネとのマリアージュがとっても良かったです。

f:id:akirais:20191129200956j:plain
肉料理
道産豚スペアリブのバルサミコ煮込み
~マッシュポテト添え~

かなりバルサミコが効いている煮込み。スペアリブはトロトロです。

f:id:akirais:20191129205753j:plain
デザート
アップルパイ
~濃厚キャラメルはちみつアイス添え~

もうお腹いっぱい!



飲んだワインはこちら
f:id:akirais:20191129204409j:plain
北ののぼ2012
菊鹿シャルドネ樽熟成 2017



ごちそうさまでした。

Kita no NOVO 2012

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-1854.html

セパージュ:ピノ・ノワール90%、シャルドネ10%

抜栓日:2019年11月29日
飴色くらいにまで色づいていました。若干の濁りあり。圧は中程度。
アプリコットのニュアンスあり、ほんのりとした蜜香。
酸は非常にしっかりとしていて、旨味とコクのある、熟成スパークリング。美味かったです。これ、ブラインドで飲んで日本のスパークリングってわかるかな?

以前飲んだときの感想はこちら

菊鹿シャルドネ樽熟成 熊本ワイン 2017

f:id:akirais:20191130071749j:plain:h320
セパージュ:シャルドネ

抜栓日:2019年11月29日
若干薄めのイエロー。粘性中程度。香りは、カスタードクリームにも似た樽香とともに、白い花の香り、パイナップルとか南系の果実香。やや閉じ気味ではありますが、程よく香ってくる感じが、さすが菊鹿といったところでしょうか。酸は乳酸系で、真鯛のソテーの料理にとてもいいマリアージュをしてくれました。

Jamais Pas Soif Gregory White 2015

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2712.html

セパージュ:グルナッシュ40%、カリニャン30%、シラー30%
MARUYAMAYAより抱合せで購入

抜栓日:2019年11月26日
インポーター:円山屋
栓:天然コルク。2015の刻印あり
液漏れ:なし
グラス:シェフ&ソムリエのユニバーサルテイスティングを使用しました。
 
色:やや濁っているかな? パープルルビー。比較的濃いめの色合い
エッジ:均一な色づき
脚:中程度の粘性
アルコール度数:12.5%
 
香り:若干の揮発香と、ブラックベリーとかクローブとか、黒オリーブの香り。黒系のニュアンスが強いです。香り自体は若干閉じ気味かな?いわゆるナチュールの臭い、という感じではなく、ママちゃんは「変な匂いはしないよ」と言っていました。やや閉じ気味なのは、温度がちょっと低いせいなのかな?
 
タンニン:収斂性はさほど強くはありませんが、やや強めの渋み。
 
味:しっかりとした酸、黒紫果実系の果実味が豊富です。飲み口は優しくて、スイスイと飲めてしまいます。ママちゃんは「あら、美味しいわね」と言っていました。セブンイレブンの金のハンバーグと合わせてみましたが、これだとむしろハンバーグのソースのほうが強く感じて、ワインの味わいが沈んでしまいました。もう少し薄めの味わいのほうが合うんだろうな~。アフタに紫系の果実味が感じられます。

以前飲んだときの感想はこちら

20191124 第49回ABC定例会 テーマは4,000円以下のピノ・ノワール @ ブレリアス新店舗

昨日は第49回のABCでした。テーマは4,000円以下のピノ・ノワール
一体どんなワインが集まるのか楽しみでした。
場所は、11月18日に新店舗に移転したブレリアスさん。日曜日は定休日ですが、快く場所を提供していただきました。

f:id:akirais:20191124170050j:plain
とても素敵なお店です

f:id:akirais:20191124170054j:plain
新店舗のお祝いがいっぱい!

f:id:akirais:20191124172110j:plain
いつものようにグラスが並びます

飲んだワインはこちら
f:id:akirais:20191124192021j:plain
右から
Bourgogne Pinot Noir Domaine Chauvenet Chopin 2016
A Pas de Velours Pinot Noir Christophe Lindenlaub 2017
Pinot Noir Kleinknecht 2017
Pinot Noir Enderle & Moll 2016
Pinot Noir Tada Winery 2018
Bourgogne Pinot Noir Domaine Henri Felettig 2016
Labrune et Fils Pinot Noir Labrune 2017

最後の一本は出席できなかったメンバーさんからの提供でした。
いずれ劣らずいいワインですが、ピノ・ノワールといっても色々なワインがあることを再認識しました。